2017年10月14日土曜日

RX10M4高感度が結構いける

今日はRX10M4の高感度撮影をしてみました。

野鳥撮影では羽や産毛の表現において解像度が重要になる。又、野鳥の最大の魅力でもある飛翔を収める為にはシャッタースピードを上げての撮影を多様する為高感度を多用しがちだ。と言うわけで感度別にどの程度まで使えるか調査して見た。被写体によってまた個人の感覚もあるのであくまで目安として見てもらいたい。撮影は蛍光灯下でピントは肩の「01」辺りに合わせ、望遠端(換算600mm)jpeg撮って出し。

iso400
 
iso800

iso1600

iso3200

iso6400
 
iso12800
 
等倍切出し

画像サンプルはここまで。

結論から言うとiso1600までは手放しに安心出来るが、何とか3200までは常用域として使えそうだ。と言うか崩れ方が非常に緩やかで軽めの老眼が入ってる身としてはパッと見あまり見分けがつかないレベル。6400からは明らかにディテールが崩れ始め表面のザラつきが顕著になり12800は証拠写真レベル。光の廻り方にもよると思うがなるべく3200までに抑え、それ以上は緊急用と割きった方が良さそうだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

2017年10月8日日曜日

初秋の吐竜の滝に行って来た

3連休の2日目は久しぶりに山梨県北杜市にある吐竜の滝へ行って来ました。 :-)


もちろん相棒はRX10M4。
ネイチャーカメラとしても安心な防塵防滴構造。今日は風景写真にチャレンジです!


まずは滝に続く遊歩道で明暗差のあるシチュエーションで一枚。決して大きくない1インチセンサーですがしっかり粘ってます。シャドウ部分が潰れる事なくしっかり残ってて優秀な階調表現です。


滝に到着!
落差10m幅15mで決して大きな滝ではありませんが岩間から細く落ちてくる様子は白糸の滝のようです。もし山梨に来たら是非来て見てはどうでしょうか。素晴らしい自然環境に囲まれたマイナスイオンたっぷりの滝です。


右からの斜逆光でモミジ越しの吐竜の滝。若干ハイライトが飛んでますがこのくらいだったら個人的に許容範囲。紅葉を期待して行きましたがやはりちょっと早かったようです。紅葉の見頃は10月下旬から11月中旬。もう一回出直そうかなぁ。


苔が綺麗な滝でもあります。滝に到るまでの遊歩道の周辺にも苔があちこちで見る事が出来ますので苔好きにはたまらない滝ではないでしょうか。NDフィルター持っていないので手に入れて次回リベンジしたい。



ちょっと意地悪して太陽を入れて撮影、変なフレアや偽色も出ず優秀!


さて今日は久しぶりに吐竜の滝へ訪問しシャッターを切ったがつくづく良く写るカメラだ。1インチセンサでもここまで写せれば申し分ない。ただ注意すべきばバッテリー、朝から出かけ昼に帰宅だいたい3時間程度の撮影で50%近くまで減っていたので一日撮影ならば予備は必須ですね。ちょっと減りが早いかなぁ。ちなみにM3のバッテリー共用なので持っている方は引き続き予備として活用出来ます。

二日間使って唯一の不満点はカードスロットのSDカードが取り難い!RX10M3から引き続き微妙にイラっとします。ソニーさん次のモデルでは改善お願いします。。。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

2017年10月7日土曜日

更に磨がかかったRX10M4

RX10M4を無事入手出来たので早速拙いレビューをお届け。 :-D


M3が出てから1年すっかり惚れ込んで待ちに待ったM4。外観は全く変更なしだが相変わらずグリップが非常に持ちやすく保持した時の大きさと重さが絶妙で質感も継承。無理にデザイン変更しないで中身を着実に進化させて来てくれたのは個人的に嬉しい。


左がM4で右がM3だが軍艦部と背面ボタン配置も含めデザインの変更は見受けられない。電子ビューファインダは235万ドットで変わらずですが、液晶は122万ドットから144万ドットに進化しているのが嬉しい。


さて、今回一番の進化を遂げたのは何と言ってもAFだろう。315点像面位相差AFセンサはAF-Cの被写体への追従性を強化。画面65%をカバーするAFエリアは背面液晶画面で周囲の設定項目が表示されている内側がほぼカバーされている。AFスピードも0.09から0.03秒に短縮されており最高24コマ秒の連写と合わせスポーツや運動会での撮影に大活躍しそうだ。あとRXシリーズでは初のタッチフォーカスが可能となって操作性がアップした事も見逃せないね。

では、実写レポです。クリックすると書き出し画像が見れます。

カメラ:RX10M4 露光量:1/250(f4) 焦点距離:換算600mm 感度:ISO2000

まずは望遠端。AF-C、ロックオンAFワイドで撮影。
M3のAFも満足していたんだけどM4は更に早く合掌するね。すばしっこいゴジュウカラを簡単に撮る事が出来、確実に歩どまりが上がったと感じる。あとこれISO2000でノイズ処理してないんだけど高感度耐性も上がったよね?M3で高感度ってあまり使ってなかったんだけどこれだけノイズレスだったら結構使えそうな予感。

カメラ:RX10M4 露光量:1/320(f2.5) 焦点距離:換算24mm 感度:ISO100

次はワイド端。
レンズ先端から3cmまで近づけるので被写体がフードに当たっちゃうくらいめちゃめちゃ寄れます。望遠端でも72cmまで寄れるので撮影ディスタンスが長くなる撮影でもググッと結構寄れちゃいます。




カメラ:RX10M4 露光量:1/100(f3.5) 焦点距離:換算24mm 感度:ISO100

最後に等倍マニアな方にブツ撮り珈琲カップを等倍切り出し。質感、発色ともに良好。1インチセンサーでも十分な解像感だ。


さて、今日は天候悪く曇りだったのでまだあまりシャッター切れてないんだけど短い撮影時間でもRX10M4はM3からの進化を十分感じ取れた。24mmから600mmまでこれ一台であらゆるシチュエーションをカバー出来る画角は健在。加えて動体撮影にも更に磨きが掛かってますます万能感が。。。

では今日はこの辺りで。
明日は晴れ予報なので風景撮影も試して見ようと思う。富士山雲が掛かってなければいいなぁ。 :-D

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

2017年10月5日木曜日

RX10M4がいよいよ明日発売

明日は10/6日!待ちに待ったソニーのデジカメRX10M4の発売日です!この手のジャンルのカメラが大好きな管理人としては発表から1ヶ月程度しかたってないにも関わらずすごく長く感じた。 :-)


さて、今回のRX10M4の俺的訴求ポイントは何と言ってもAFの進化。
画面内65%をカバーする315点位相差AF。AF/AE連動での連写は最高24コマ秒。画像処理エンジンのBIONS Xはα9と同じものを搭載。他にも色々な点で進化してるんだけどこれだけでも買いですわ。ますます野鳥撮影が楽しくなりそうである。ちなみにM3はドナドナする予定。使わなくなったレンズも合わせてなるべく持ち出しを少なくしたい。

運良ければ明日手に入る予定!今週末レビュー出来るといいなぁ。

ものすごく楽しみなのである。 :-D

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

2017年10月1日日曜日

久しぶりにスカッと晴た南麓!

ここ数週間八ヶ岳南麓の週末は天候悪く、たいしたネタもなく部屋でダラダラ過ごしてたんだけど。


今週末は久しぶりにスカッと気持ち良い青空が拡がりました。


ここぞとばかりに荒れ気味な庭の手入れをしていたら先週まではポツポツとしか見かけなかった一年草「コウゾリナ」の黄色い花が斜面を賑わせていた。去年はこれほど咲いた記憶がないんだけどやっぱり野鳥がこぼれ種を運んで来るのだろうか。


しばらく観察していたら「イカリモンガ」と


「ホシホウジャク」が吸蜜に来ました。


週末は思う存分庭いじりを満喫してストレス発散!また一週間頑張ろう。 :-D
あ、そろそろRX10M4予約しなくちゃ。。。(独り言

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ